ワキガ手術腋臭体臭多汗症デオドラントその他憩い多汗症

 痛み止めを飲むとしばらく動悸がとまりません。麻酔は大丈夫?

 

投稿者名:私

タイトル:手術を受けるとしたら


 

私はワキガ歴26年になります。

小学生位から脇って臭いよなーと思っていましたが、まさか自分だけとは思っていませんでした。

みんなも臭いんだと思っていたんです。

高校生位から「あの子ワキがだよね」と他の子の噂を聞かされたとき、ドキッとしました。「私もだ!」と その頃からです、自分がワキがだと自覚しだしたのは。

 

母親がワキガで、父も体臭がキツイです。完全にワキガです。

今までは香水でごまかしたり、お風呂に入ればそんなに、匂わなかったのに 22〜23歳位になってからは、お風呂の直後でも臭いです!!最悪です!!

 

手術は受けたいとは思うのですが、とにかく”怖い”んです!!

最近何度かワキが手術の麻酔でショック死した人のニュースやってましたよね? 

それが怖いんですよ!! 

私1度痛み止めを間違えて二時間に二回分4錠飲んでしまった時1週間動悸が治まらなくて凄く怖かったんですよ。それから痛み止め怖くて飲めなくなってしまいましたし、2錠飲むのを1錠にして飲んでも、緊張して動悸がして、冷汗がでて気持ち悪くなります。

 

歯医者の麻酔でも同じようになってかなり緊張します。 とにかく緊張しまくりなんです。極度の緊張しーなんです。

 

私の様な人間は手術に耐えられるのでしょうか? 考えるだけで夜も眠れなくなります。

 

でも結婚もしてないですし、一生肩身が狭い思いをして生きていくのも辛いです。 絶対に治したいのです。どうしたらいいのですか?

 

投稿者名:五味院長

タイトル:麻酔の件について


 

私さん

 

「ワキガ暦26年」という言葉は始めて聞きました。ワキガを客体化した実にゆとりある表現であり好感を持ちました。

しかし投稿文を読みつづけると一つ疑問も感じました。

それはこのように自分を客観的に見れる人が、なぜそのように極度の緊張症なのかということです。

 

本当のあなたば結構おもしろがり屋で内心は意外と芯が強い人なのではないでしょうか。

わたしが思うに、あなたを緊張症にしているのはあなた自身です。

あなたは何事においてもちょっと余分に考え過ぎなところがあるようですね。

特に先のことを考え過ぎています。先のことをあまりに熟慮すると人間というものは、不安になるものです。先取りの不安です。

 

先取りの不安というものは不思議なことに、実際にその通りに実現するものです。

「この薬を飲めば、動悸がするだろう」という先取り不安は、体のなかでさまざまな交換神経を刺激する伝達物質を分泌することになり、交換神経はそのように心臓の鼓動を高めて、動悸を起させてしまうのです。

 

このような先取りの不安を抱く人には共通する点がひとつあります。 それは、そのような人は「今ここ」に生きていないということです。

その人は「過去」に起きた動悸がまた「未来」」にも同じように起こるのではないかと思いながら生きているのです。

「ここの今」がすっぽり抜けているのです。

 

しかし考えてもみてください。過去はもうありません。未来はまだ来ていないのです。わたしたちにあるのは「今ここ」の自分のみです。

そのような、今の自分を忘れて、未来の自分のことばかりを考えることほどナンセンスなことはありません。

 

私さん。あなたが仮にその時その時の自分の本当の気持ちに忠実になれるのならあなたは手術には十分耐えることはできると確信します。まな板の鯉のようにデーンとして手術台にのれるでしょう。

そして手術が終わった後は、自分の内面に隠されていた意外な力強さに内心満足して、そして26年間の体臭の悩みから開放された「今」にも満足して、満ち足りた気分でルンルンと家路につくことでしょう。

 

もうひとつの「麻酔」のことですが、ワキガ手術は歯の治療と全く同じ「キシロカイン」という局所麻酔であり通常の使用濃度と使用量を守るなら、また術前に患者さんのアレルギーの検査を行うなら、本来起こるべきはずのない極めて特異な事故です。 報道によると大手美容外科の医師がとんでもない大量の麻酔使用したための事故のようです。

 

これは「過去ログ」にも書きましたので参考にしてほしいのですが、わたしはワキガ多汗症の手術は「器械」ではなく術者が自分の「目」で術野を確認しつつおこなう「直視下法」でなければ絶対にいけないという信念をこの事故で強くしました。

器械的方法では、どうしてもブラインド下に行うためより多くのアポクリン腺を摘出しようとするとどうしても麻酔量を多めに使用してしまいます。

しかし、ワキガの手術は「原因となるアポクリン腺の本体と腺根の部分、そして皮脂腺とエクリン腺の一部」のみを摘出すればそれが「完全な手術」であり、余分な皮下の脂肪まで器械で掻き出す必要は全くないのです。

必要な部分は皮下の直下にあり、この部分のみを「剥離」するなら麻酔量は非常に少ない量で十分手術は可能なのです。

 

わたしは、決して「直視下剥離法」だけがベストな手術法であると主張しているわけではありません。ワキガ多汗症治療は「正しい手術法」でなければならない というわたしの信念を述べているのです。

 

最後ですが、「私さん」が「絶対に治したい」という気持ちが本当であるなら わたしは、「絶対に治す」ことのできる正しい選択をされることを強く望みます。

 

知りたい情報を効率的に探すためにサイト内検索をぜひご利用ください。

お探しの情報を入力して検索ボタンを押してください(複数のキーワード可)
例:多汗手術、電気凝固法、費用、制汗剤、体臭予防グッズ、頭臭……



 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

gomi@gomiclinic.com

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧