ワキガ・体臭・多汗に悩む方の心と体の心療室

 

優れたワキガ手術。直視下剥離法(五味法) 直視下剥離法の技術的特徴

 

 「直視下剥離法」の技術的特徴を説明します。

 

(1)アポクリン腺の摘出方法

 従来の摘出方法では、アポクリン腺を取る際に、よけいな皮膚や脂肪層も同時に取れてしまったり、逆に肝心のアポクリン腺が残ってしまうことがしばしばでした。

 そこで私は、摘出の前処置として、皮膚および脂肪層と、アポクリン腺を丁寧に「剥離する」方法を考案しました。

 脂肪層とアポクリン腺の層は薄い膜で区切られているため、この層を上手に剥離すると出血も少なく、きれいに剥離できます。皮膚を反転するとアポクリン腺の層がきれいに露出するので、今度は皮膚とアポクリン腺層の剥離を行います。

 アポクリン腺は腺体と腺根からなります。腺体の一部はやわらかいので機械で吸引できる場合がありますが、腺根は硬い真皮層に入り込んでいるため、鋭利なハサミによって剥離しなければ完全に摘出できません。腺根が一部でも残ると、将来アポクリン腺が再生再発します。

 腺根を含んだ真皮層を均等に削除する剥離法であれば、同時にエクリン腺の一部まで削除でき、減汗効果をいっそう高めることができます(多汗の程度が大きい患者さんの場合は、真皮層を厚めに削除し、削除する面積も少し大きくします)。

 剥離法の長所はこれだけではありません。

 剥離時に皮脂腺も自然に浮き上がってくるため、そのすべてを摘出することも可能です。皮下の血管網は脂肪層に多いのですが、剥離してから摘出を行えば、出血も最小限に抑えられます。たとえ出血しても、出血点がはっきり確認できるため、止血がスムーズにできます。術後の血腫形成の心配がないため、入院して血腫ができているか確かめる必要もありません。

 

 

 

アポクリン腺層と脂肪層を剥離する。

 

皮膚を反転させ、真皮層とアポクリン腺層を剥離する。

多汗が強い場合は厚めに剥離し、エクリン腺をより多く削除する。

 

中心部に集合しているアポクリン腺は一塊で摘出される。

 

周辺部に点在するアポクリン腺は一粒ずつ五味式超強湾クーパーで摘出する。

 

浮き上がってきた皮脂腺も一部摘出する。

 

反対側も同じ手順で剥離する。

 

 

 

(2)切開部位

 切開部位は図のようになります。これはアポクリン腺の存在部位と皮膚の反転度を考慮して決められたもので、このような切開部位をとることで、従来の方法では取り残しやすかった中枢側のアポクリン腺も完全に除去できるようになりました。

 また、ワキの下のシワに沿って切開するため、術後の傷痕はやがてシワにまぎれ、さほど目立たなくなります。

 切開するのは、わずかに1.5〜2センチです。

 

 

切開部位は有毛部の中央よりやや中枢側で、約1.5cm(図の緑の直線)。

赤い部分のアポクリン腺は五味式クーパーを使用しなければ完全には摘出できない。

 

アポクリン腺の摘出は、A→B→C→Dの順序で行うと取り残しがない。

 

(3)切開範囲

 切開範囲を患者さんの皮膚の伸展度に合わせて変えるようにしました。たとえば、伸びやすい皮膚の患者さん、ヤセ型の患者さんは切開範囲が狭くなります。

 

(4)体位の変換

 ここでいう体位の変換とは、手術中、腕の位置を作業が進むに合わせて変えていくことです。患者の腕を伸ばしたままアポクリン腺を剥離していくと、末梢側(指先に近い側)に進むにつれて皮膚が緊張し、剥離がしにくくなります。しかし、このときだんだん腕を曲げていくと、緊張がなくなり、皮膚がひっくり返しやすくなるのです。

 手術中のワキの下の皮膚は、アポクリン腺が剥離されるにつれ、驚くほどよく伸びるものです。この性質を利用した改良です。  

 

(5)クーパー(ハサミ)の改良

 剥離摘出作業には、従来のクーパーより何十倍も切れ味のよいスウェーデン製のスーパーカットと、私が考案した「五味式超強湾クーパー」を使います。五味式クーパーは先端がほぼ直角に曲がっています。アポクリン腺は有毛部の中心では数の子のように集合しているので摘出しやすいのですが、周辺部、末端部にいくにつれ、しだいに散在するようになり、摘出しにくくなります。末端部(周辺部)のアポクリン腺は、これを使用しなければ完全には摘出できません。  

 

(6)術後の圧迫固定法(タイオーバー法)の改良

 手術が終わって切開部を縫合する際、皮膚を自然に生着させるため、タイオーバー法で圧迫固定を行ないます。しかし、これは皮膚の上にガーゼを乗せているだけの固定法なので、絶えず動く部位であるワキの下に用いると、十分な固定性が得られません。

 そこで私は、図に示すように、タイオーバーをワキの下に埋め込む固定法を考案しました。これが「埋没式タイオーバー法」です。

 この固定法なら肩が動いてもガーゼはズレないので、術後すぐに仕事をしても(極端に腕を上下させる仕事でない限り)だいじょうぶです。

 

 

 

埋没式タイオーバー法

わきの下の皮膚で取り囲むことでガーゼを固定する。

 

 

左…従来のタイオーバー法

右…埋没式タイオーバー法

   ガーゼがしっかり固定されるため、手術当日から就労可能。

 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

gomi@gomiclinic.com

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

back

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧