わきが手術ワキガ対策体臭多汗制汗剤ワキガ

体臭恐怖には「心」と「体」の両方からアプローチ


投稿者名:HIRO

タイトル:体臭



20才から、たばこを吸い始め、もともと汗かきだったのですが、学生の時は臭いとは、言われませんでした。就職してから、臭いといわれました。対人恐怖症になりました。仕事を辞めて、訓練学校に行ったのですが、そこでも、ワキガじゃないか、と避けられました。日赤病院で診てもらったら、単なる多汗だといわれましたが、ワキガの手術をしました。それから、フリーターをしてますが、面と向かって臭いとはいわれませんが、近寄って来られません。わきを切ってから、他の部分から余計に汗がでてきます。漢方薬を飲みましたが、効きません。今、安定剤を飲んでいますが、すっかり、出不精になり、友達もできません。ちゃんとした社会人生活を送りたいです。なんとか臭いといわれないような体になれませんか?良い解決策を教えてください。よろしくお願いします。

 

投稿者名:五味院長

タイトル:「心」と「体」の両面から。



HIROさん。

あなたが、「ちゃんとした社会生活を送る」ためにも、また今後の人生にとっても、今は非常に重要な時期です。しっかりとした対応をしなければなりません。

そのための正しい方向付けは、このような掲示板でのわたしの意見だけでの「対応」では、不十分です。
今あなたに必要なことは、キチンとした「心のサポート」です。
迷わずに「心療内科」か「精神科」で信頼できる先生に相談してください。

しかし、投稿内容から、無責任にならない範囲内でのアドバイスをしましょう。
それは、「心」と「体」の両方からアプローチをするということです。

あなたにとっての問題は、本来結びついてはいけない「原因」と「結果」とが、癒着してしまったところにあります。
つまり、今、「出不精で友達も出来ないような社会生活」をしているという実社会での「結果」は、人から臭いと言われた「原因」にあるわけですが、本来あなたにとってはこの二つの現象は、全く関係のないものです。
それが、関係づけられてしまったのは、さまざまな間違った対応のためです。
その一つが、ワキガではないにもかかわらず、「ワキガ手術」を受けたということです。
当然ながら、ワキガでなければワキガが治るはずはありませんから、そのこと自体が「心傷」となります。
その心傷は、精神性発汗の引きがねになり、多汗の原因ともなり得ます。

あなたのようなケースは、このHPにも何度もでてきます。
つまり、いくら大病院といえども「体臭」の専門家がいない場合には、体臭の本質的治療は困難なのです。
わきが手術は、他のさまざまな手術の片手間に簡単できるような安易なものではないのです。

いずれにせよ、過去のことを悔やんでもしかたありませんから、大切なことは、これからどう対応するかです。

その一つがまず「心のケア」ですから、これは心の専門家にアドバイスをもらうようにしてください。
しかし、あなたの場合には、結びついてはいけない「原因」と「結果」が癒着しているのですから、これを分離する必要があります。

そのためには「体」からのアプローチも必要です。
つまり、あなたにとっての「臭い問題」を解決するということです。
それは、もう手術などではなく、あなた自身の体臭を軽減する「努力」です。
このための情報はもう過去ログにあふれるほどありますから、最初から一字一句丁寧に読んで、自分の判断で自分の治療法を工夫してください。
きっとあなただけの「臭い対策」があるはずです。
あきらめずにぜひ実行してください。

 

投稿者名:HIRO

タイトル:Re^2: 「心」と「体」の両面から。



漢方の医者や心療内科、皮膚科にもいきましたが、別に臭いとは思わないと、言われました。しかし、週末、コンビ二の深夜バイトをしてるんですが、高校生の客とか、いっしょに仕事をするひとには、臭いと避けられます。動いたり、重たい物を持ったりすると、体が熱をもって、汗をかくみたいです。9月頃から、漢方薬で体内の燃焼を抑える薬や、皮膚を強化する薬など、約半年にわたって、飲み続けましたが、全然効果、ありません。安定剤でだいぶ精神性発汗は、ましになったのですが、どうしたら、いいでしょうか?先生の本を少し読んだんですが、多汗に効く漢方薬が、載ってましたが、多分全部試しましたが、あまり変化ありません。他にいい方法はないでしょうか?あと、本のなかで、自己診断の所で多汗のとこで、内科検査というのがありましたが、あれはどういうことをするのですか?教えてください。

 

投稿者名:五味院長

タイトル:「証」にあった漢方薬を。



お答えします。

前回、「体」へのアプローチとして、体臭を軽減する「努力」をするように、アドバイスしましたが、少し訂正する必要があるようです。

その「努力」とは、「やみくもに何でも試してみる」ということではありません。
これと決めたからには、一つの方法を腰を据えて「診る」ことです。あたかも自分が自分の主治医になったかのように、じっくりと、観察することです。

例えば、あなたは私の本にある漢方を全部試してみたようですが、漢方薬というものは、そのように「試飲」するものではありません。
自分の体の性質(証)に合った製剤を一定期間続けて服用した後で効果が現れるものです。
しかし、ここで大切なことは、「自分の証」ということです。
漢方は、いくら高価な薬でも証に合っていなければ、何ヶ月飲んでも無駄です。
本当は漢方の専門家に診察していただくことも必要でしょう。

そうして、正しい製剤が決まったら、それを「信じる」ことも大切です。
信じることによって、体の中の「免疫系」の働きが高まるからです。
特に「皮膚」と「内臓」の免疫系を高めることは、結果的に体臭予防にもなるのです。

 

知りたい情報を効率的に探すためにサイト内検索をぜひご利用ください。

わきが多汗症研究所内
五味クリニックのサイト内

お探しの情報を入力して検索ボタンを押してください(複数のキーワード可)
例:多汗手術、電気凝固法、費用、制汗剤、体臭予防グッズ、頭臭……



 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

gomi@gomiclinic.com

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧