ワキガ手術腋臭体臭多汗症デオドラントその他憩い多汗症

 岩盤浴ホットヨガを始めてから頭痛や倦怠感、腰痛が生じます

 

投稿者名:PK

タイトル:岩盤浴ホットヨガを始めてから頭痛や倦怠感、腰痛が生じます


 

はじめまして。岩盤浴ホットヨガのインストラクターをしている者です。
10月にオープンして、60分のレッスンを一日3回、週6日行っています。
1ヶ月を過ぎた頃から、頭痛、倦怠感、腰痛、背中痛を感じ始め、今では、朝起きるのも辛くなっています。
一日に三回のレッスンで、大量に汗をかきます。
頭痛は、CT検査でも異状は見つからず、耳鼻科でもわからず、婦人科のホルモンバランスも異状なく、不調の原因がわかりません。
先生は、汗のことも岩盤浴のこともお詳しいので、何かわかることがあれば、教えてください。

一日60分を三回、日祝日以外は毎日 岩盤浴ホットヨガをやることは、汗をかきすぎ?なのでしょうか・・・

 

投稿者名:五味院長

タイトル:岩盤浴ブームへの警告



PKさん。今まであなたのようなメールをお待ちしていました。

なぜかと言うと、このHPでは「汗かき健康法」として、岩盤浴の「効用」ばかり説明してきたからです。

しかし、すべての物に100%「よい」、逆に100%「悪い」ということはありません。
モノには良い部分と悪い部分とが混在しているのです。

岩盤浴は、たしかに、発汗生理学的に「汗かき健康法」としては非常に有効です。
しかし、だからと言って全ての人に同じような効果が期待できるとは限りません。 すばらしい作用があるけれど、人によっては、時に「副」作用が生ずることもあるのです。


あなたの例を挙げると、「過ぎたるは、及ばざるが如し」のことわざがあてはまるでしょう。
腰痛等の因果関係は、メールだけでは分かりませんが、体力の「過消耗」の状態と思われます。

通常、岩盤浴は、「安静状態」で、週に1回〜2回くらいを、1回に60分〜90分、しかも、通しでなく、1〜2回くらいの休憩をはさんで入浴するのが普通です。

それを、あなたはヨガのような「活動状態」で、毎日連続して、90分を一日3回もしていたのですから、これは汗腺にとって「過酷な負担」といわざるをえないでしょう。すこし、休憩やお休みをとって、バランスのよい利用をしてみてください。
職業として避けることができないならば、水分補給に十分注意してください。

●岩盤浴ブームへの警告

ここからは、あなたの質問と少し外れますが、ちょっと真面目な話をさせてください。

私が今までなぜ岩盤浴を推奨してきたかというと、サウナのように普及してほしかったからです。
それは、現代人がエアコン漬けや運動不足でうまく汗をかけず、そのため汗腺が「退化」している人が多いからです。
その結果が、既に何回も説明している通りの「低代謝」「低体温」「冷え」「自律神経失調」「ホルモン異常」「免疫力の低下」等の慢性病の誘因となるのです。

だからこそ、私は、私の病院に何の利害がないのに、岩盤浴を推奨してきたのです。「岩盤浴は汗かき健康法に適しているよ」とあえて言ってあげたのです。
私の病院は、岩盤浴施設を運営していませんので、営利的な意味ではなんのメリットもありません。
それでも、岩盤浴のすばらしさを、さまざまなメディアでコメントしてきたのです。

しかし、そこには「暗黙の了解」がありました。言ってはいけないいくつかのことがあったのです。

それは、岩盤浴は「治療法」ではないということです。
あくまでも「汗かき健康法」としての「生活法」であるということ。「療法」ではなく「利用法」なのです。

「生活法」であるかぎり、岩盤浴に関して、絶対に言ってはいけない禁句があります。

それは、「・・・・が治る」「・・・・に効用がある」「・・・に効能がある」と言った「医療効果」を宣伝することです。

このHPでは、岩盤浴がブームになる前から、一貫して、岩盤浴関係者が、「ガンが治る」、「リュウマチに効く」「「皮膚炎に有効だ」「糖尿病に効能がある」などの「言葉」を絶対に使わないようにと、再々忠告してきました。

ところがです。これは岩盤浴の関係者ではありませんが、関連する「鉱石」の販売者にそのような忠告を無視する業者がいたのです。しかも、岩盤浴ブームの発祥の地である北海道で、です。

新聞報道によると、岩盤浴(岩盤浴にはさまざまな鉱石が使用されますが)にも一部使われているブラックシリカの鉱石を、入浴剤や飲料用として加工して、「糖尿病や皮膚炎に効能がある」と広告して販売した疑いで、札幌にある会社が薬事法で逮捕されたというものです。

今回の事件は、岩盤浴ブームに便乗して、岩盤浴によく使用される「ブラックシリカ」を薬品のように販売したまでで、岩盤浴そのものがどうのこうのというわけではありません。

しかし、全国の岩盤浴施設の経営者は、今回の件を文字通り「他山の石」ではなく、自分の「石」のこととして肝に銘じなければならないでしょう。

最近、私が予想した以上の速さで「岩盤浴ブーム」が進んでいます。
中には、五味クリニックのHPの記載内容を勝手に自分の施設のPR誌に転用したり、私の忠告に反して「病名」を使用したりしている業者がいるようです。
このような過剰広告の状態が続くなら、岩盤浴は「一過性のブーム」で終わるでしょう。
そして、私自身も「岩盤浴は、ほっておいても、いい物はいいモノ」ということで、これ以上、医学的見地からコメントしてあげることもなくなるでしょう。

本当は、岩盤浴は入浴が危険な高齢者にこそ、最適な「入浴法」なのです。高温サウナに入れない人でも快適な入浴法なのです。

このような事件で本当に岩盤浴が必要な人々に利用されないまま、ブームが終わってしまうようなことを、汗の専門家としての私が最も危惧するところなのです。

PKさん。今回は、あなたの質問とはちょっとズレてしまいましたが、岩盤浴万能ブームにちょっと警告する意味で記載さていただきました。

 

知りたい情報を効率的に探すためにサイト内検索をぜひご利用ください。

お探しの情報を入力して検索ボタンを押してください(複数のキーワード可)
例:多汗手術、電気凝固法、費用、制汗剤、体臭予防グッズ、頭臭……



 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

gomi@gomiclinic.com

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧