ワキガ手術腋臭体臭多汗症デオドラントその他憩い多汗症

 手術後ワキガが再発した場合の保証について教えて下さい

 

投稿者名:まさ

タイトル:手術後ワキガが再発した場合の保証について



こんにちは。
即質問に入りますが、私はわきが治療をしたいと思います。
方法などについては、貴社のHPを拝見させていただき理解したつもりです。
お聞きしたいのは、再発に対する保証についてです。
万が一の確率で、再発した場合にはどのような処置をとっていだだくのでしょうか?
完全に治っていなくてもその後つまりは保証もなく無視されることがあると耳にし、それが一番のネックになっています。どうぞ宜しくお願いします。


 

投稿者名:五味院長

タイトル:保証について



まささん。

現代は、電化製品を購入しても、保証書がついていますので、わきが手術に対しても「保証」が必要と考えることは自然なことでしょう。
また、このような不安をもたれたのは、過去の掲示板に「保証をしてくださいと言う人は手術をしないこともあります」というような書き込みを読まれたためでしょうか。

いずれにせよ、誤解のないように、わきが手術の「保証」ということをここで整理してみたいと思います。すこし個人的な話も入り、長くなるかもしれませんが、我慢してください。

わきが手術の目的は当然ながら「わきが臭」を完全になくすことです。わきが臭を完全になくすためには、原因となるアポクリン腺を導管部まで含めて100%摘出しなければなりません。
このような目的を達成できない手術は、患者と治療者との契約関係に反するわけですから、再手術等のなんらかの対応が要求されるでしょう。

わたしのクリニックでも「手術後再発したようだ」と訴えて来院される患者さんは過去に何人もいます。
当院の場合にはそのような時、まず試験切開をしてアポクリン腺が実際にあるのかどうかの検査をします。その段階でアポクリン腺が存在するようであれば、再手術を行います。当然の保証です。

しかし、実際には、アポクリン腺がなくても「臭う」と感じる人がいるのです。
それは、まず第一に、手術では残存するエクリン腺のニオイを元々気にしている人です。
第二が、他人の態度やしぐさや言葉から自分のニオイが原因でないかと不安を感じている人です(自己臭という言葉はあまり使いたくないのでここでの説明は省きます)。
そして、第三は、医師と患者さんとの信頼関係のないままに手術を受けた人です。

このような人の場合の「保証」は簡単ではありません。再手術は意味がないからです。
しかし、本人が臭うと感じて、実際に悩んでいるのですから、何らかの対応は必要です。

その場合、第一のケースでは、当院では、まず片方のみを手術をします。しかも、この場合には、エクリン腺を通常より厚く、広く剥離するのです。そして、できれば、身内の方に手術を見学してもらいます。
実際のアポクリン腺は見本がありますから、身内の方にアポクリン腺が残存していたかどうか確認をしてもらうのです。
それでも納得されない人もいますが、実は、エクリン腺をかなり削ることで、左右の差を感じることができ、満足される人が多いのです。その場合は、もう片方を手術します。

しかし、それでも、一向にニオイの変化がないという人もいます。第二のケースです。
その場合は、残念ですが外科的(わたしのクリニックでの)治療は不可能ですので、「力不足で申し訳ありません」と言う他はありません。(そのような患者さんは、多分どこか違う病院を訪れていると思います。)

このように、臭いの治療に対する「保証」とは、非常に曖昧なものであり、治療者を悩ませるものなのです(特に広い意味では)。ですから、わたしはできるだけこのような保証が必要とならないよいに常に完全にアポクリン腺を摘出する「つもり」で手術をおこなっている「つもり」です。(人間ですから絶対ではありませんが)

しかし、第三の信頼関係のケースは避けられる問題です。

これも、最近メールで多い質問ですが、五味クリニックは手術の予約をしても、数ヶ月も待たされるが、どうにか早くできないでしょうかというものがあります。
五味クリニックは、別に大病院ではありません。適応条件を満たす患者さんを厳選して、手術を無理にしていないから先になっているだけなのです。

しかも、直視下剥離法は、術者がアポクリン腺を一粒づつ確認して行なう手術法です。器械で行う方法と異なり、非常に疲れる方法なのです。保証のないように完全に手術をするためには、体調も万全でなければなりません。一日に何例もできる方法ではないのです。

その上に、わたしの個人的理由もあります。この掲示板ではすでに私の個人的な事情を何度か書き込んでいますので、あえて隠すことはないでしょう。
わたしには、3つの夢があります。ひとつは、今与えられている体臭多汗の医療分野で貢献できることです。もうひとつが地域での高齢者福祉の分野、そしてアジアの子供達の教育の分野です。
わたしにとってはこれらの3つが総合されて自分自身なのです。
現在実際に、新宿では高齢者のデイサービスを、フィリピンでは小さな学校をボランティアで運営しています。
わたしにとっては、高齢者や子供達の笑顔に接することが、医療の分野で頑張ることの励みにもなっているのです。

ですから、わたしは「時間」がほしいのです。

時間というものが大切と思った時、手術をした患者さんには喜んでもらいたい、無駄になるような手術は避けたいと思うのは自然なことではないでしょうか。
過去の掲示板に、五味クリニックでは電話で予約をとっても、相談の時、わたしに断られることがあるという書き込みがありましたが、その中には信頼関係がどうしても感じられないケースもあるのです。患者さんと私との信頼関係がないままに手術をしても、双方に「保証」の問題が発生して不幸な結果をまねきます。手術は避けねばならないのです。

わきが手術をお断りすることは、過疎の村に1台しかないタクシーの乗車拒否とは異なります。同じ治療をしている病院は今では、いくつもあるのです。

時間というものが貴重なとき、わたし自身を信頼してくれる患者さんだけを、万全の体調で一生懸命手術したいというのが、本音なのです。それが、わたし自身への「保証」でもあるのです。

説明にならない説明ですみません。また、あまりにも個人的で勝手な話しになって、まささんの質問からはずれてしまいましたが、個人のHPですから許してください。


 

知りたい情報を効率的に探すためにサイト内検索をぜひご利用ください。

お探しの情報を入力して検索ボタンを押してください(複数のキーワード可)
例:多汗手術、電気凝固法、費用、制汗剤、体臭予防グッズ、頭臭……



 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

gomi@gomiclinic.com

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧