わきが・体臭・多汗に悩む方の心と体の心療室

 

わきが・体臭・多汗 ミニコラム わきが・体臭・多汗 ミニコラム


介護疲れにハーブディー


 

わきが・体臭・多汗治療の権威 五味常明。これまでわきが等体臭の悩みを持つ方数万人に対し、カウンセリングや手術をおこなっている

五味クリニック院長

五味常明

 

夜の徘徊やせん妄をケアするつらさは、経験した人でないとわからないものです。高齢者のイライラや不安、怒りなどの心の緊張を和らげるのに香りは有効です。

 リラックス効果のある香りでは、鼻を通って脳に直結するので、不思議なくらい熟眠効果があります。

 ただ強い香りをいきなり使うと、本能的に警戒してしまうこともあり、却って逆効果のこともあり、熟眠効果のあるラベンダーも高齢の男性にはただ臭いといわれることもしばしばです。本人の好みの香りかどうか確認しながら、さりげない程度の香りから始めてみてください。

 香りに慣れてきたなら、次は「香る枕」の工夫です。枕と枕カバーの間に、ティッシュやハンカチなどに精油をしみこませたものを入れます。  また小さい器にお湯を入れ、精油をたらしておけば、寝付きの悪い高齢者に効果があります。

 

 施設でのワーカーさんには、終業時間という終わりがあります。しかし家庭で介護をする家族には区切りはありません。生活支援である老人介護は、今日から明日へと連続して続くからです。

 そこで、一日の節目にハーブティーの息抜きです。

 庭やプランターに生のハーブを育てるのも、お店からドライハーブを買ってきて、あれこれ組み合わせを楽しむのも介護疲れの癒しになります。

 ハーブティーの淹れ方は簡単です。ポットに二つか三つ、つまんだハーブを入れて、そこに沸騰させたお湯を注ぐだけです。漢方薬みたいにぐらぐら煮詰めないでください。苦み成分まで抽出されてしまうからです。お湯を注いで5分くらいで香りが出てきます。

 介護疲れで、神経がイライラして落ち着かない方には、ラベンダー、ローズマリー、カモミールといった定番のハーブや、さわやかなレモンバーム、ポリジなどが神経をリラックスさせ、介護のつらさを忘れさせてくれます。意外な組み合わせですが、牛乳とラベンダーが不思議とマッチします。濃いめのラベンダーのお茶を作っておいて、牛乳に好みの量を加えます。牛乳の代わりにヨーグルトも試してみてください。

 お茶ばっかりじゃあ、とおっしゃる向きには、ハーブをつけ込んだお酒もありです。ミントやバラ、桜の花など、梅酒を作る要領でどうぞ。赤ワインにハーブも合います。ただし、くれぐれも手間を惜しんで精油などたらさないようにご注意を。

 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

gomi@gomiclinic.com

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

back

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧