わきが・体臭・多汗に悩む方の心と体の心療室

 

わきが・体臭・多汗 ミニコラム わきが・体臭・多汗 ミニコラム


高齢者の体臭予防


 

わきが・体臭・多汗治療の権威 五味常明。これまでわきが等体臭の悩みを持つ方数万人に対し、カウンセリングや手術をおこなっている

五味クリニック院長

五味常明

 

今回は高齢者の体臭を予防する食事法について考えてみましょう。

 

 肉は、食べ物としてはとても質のよい蛋白源です。タンパク質の質を測る「蛋白価」という基準がありますが、これは人間の体内で作れない8種類の「必須アミノ酸」をどの程度含むかを表すものです。

 牛肉はこの「蛋白価」が98%「、豚肉にいたっては100%と優秀です。一方、肉には体臭を強くする不飽和脂肪酸もたくさん含まれています。脂肪酸はニオイだけでなく、肝臓で中性脂肪やコレステロールにもなり、肥満の原因にもなります。

 ところでニオイを作らない食事法の第一歩は、肉類をひかえめにすることです。

 同じ動物性食品の卵も蛋白価が百%ですが、脂肪分は肉同様にたくさん含まれています。とりわけ黄身には、中性脂肪だけでなく悪玉コレステロールもありますので、卵もほどほどに。

 しかし、コレステロールそのものは、本来は人間に欠かせないものです。細胞や神経繊維の構成要素ですし、性ホルモンやビタミンDなどの原料にもなりますから、若さを保つためには必要なものです。このコレステロールは血液の中でいるも一定の濃度を保っていますが、不飽和脂肪酸が多くなりすぎると、それにつれてコレステロールが必要以上に合成されてバランスが崩れやすくなります。

 このバランスを調節するのが、植物油の面々です。ゴマ油、ココナツ油、オリーブ油、椿油、落花生油など飽和脂肪酸や一価の不飽和脂肪酸を主成分とするいわゆる「不乾性油」です。これらの油は、熱によって酸化されにくく、体臭の原因になる過酸化脂質を作りにくい油です。一方、しそ油、紅花油、大豆油などの「乾性油」に含まれる不飽和脂肪酸、特にリノール酸は酸化されやすく、活性酸素によって過酸化脂質が生成されやすく体臭のもととなります。

 しかし、これらの油もコレステロールを下げ、体内で有用な生理活性物質に変換される多価不飽和脂肪酸を多く含みますので、安全に摂取するには、加熱せずにドレッシングなどで食用することをおすすめします。  このように油は長短併せ持つ「諸刃の刃」と言えます。

 

 そこで助っ人として登場するのが、油の酸化を防止するビタミンEとグルタチオンです。

 


ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室

五味クリニック

gomi@gomiclinic.com

電話受付10:00〜17:30 休診日 日曜・祝日

東京 〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126

大阪 〒550-0013 大阪市西区新町3-8-18 TEL 06-6532-8632

back

メイン

診察室

相談室

院長

費用表

TV雑誌

書籍

マップ

リンク

体臭多汗掲示板

腋臭ニオイ汗情報

わきが多汗症研究所

わきが多汗症ブログ一覧